本文へスキップ
  1. トップ
  2. 事業継続マネジメント

事業継続マネジメント(BCM)の取り組み

弊社の請負業務の大半は、災害・事故発生時にも早期復旧を求められる業務となります。
そこで、弊社はBCPセンターとして全国5拠点、関東、九州、北海道と電力基盤を完全に分けて設置しております。
災害・事故発生時には、貴社オフィスと連携可能な、弊社オフィスを中心に各BCPサイトに対し適正な業務振り分けを行い、安定した業務継続を実現致します。
この安心・安全を構築するために、2010年に事業継続マネジマント(BCM)の導入を決定し、基本方針及び事業継続計画(BCP)を策定し、継続的な改善を図ってまいります。

※BCM(Business Continuty Management)
 BCPの策定を行い、運用、評価、改善までのマネジメント全体
※BCP( Business Continuty Plan)
 事業継続を安全・安定して守るための行動計画

基本方針

・人命の安全確保
 従業員およびその家族、協力会社、地域住民の安全確保を最優先とし最大限努める。

・二次災害の防止
 自社拠点が被災した時には、二次災害の防止を優先し、地域社会に迷惑がかかることのないよう努める。

・地域社会への貢献
 周辺地域への安全に対し、企業としての社会的責任を果たす。

・事業継続
 各オフサイトに適切な業務振り分けを行い、安定した事業継続を行う。

フォレックス株式会社   
代表取締役社長 松本 政志

事業継続取り組みの流れ

基本方針に則り、「人命尊重」、「災害拡大抑止」、「早期復旧」を柱として、PDCAサイクルを回し、事業継続マネジメント(BCM)に取り組みます。


事業継続マネジメント(BCM)の全体プロセス

BCMにおける実際の取組は下図のようなプロセスで構成されます。